今までいただいた よくある質問 をまとめてみました。

下記以外にもご質問があれば、ご遠慮なくお問合せください!


■留学期間と上達度合いについて教えてください
◎ その方のレベルと上達するにあたり個人差があります。
一般的に、初級レベル(ESLコース)の方の場合、下記を参考にしてください。
     1~3週間:
学校の雰囲気を掴む頃で、日常会話を英語で話すことへの抵抗がほとんどなくなってきます。簡単な英語での質疑応答ができるようになっています。
     1ヶ月~2ヶ月目
日常会話を英語でおこなうためのコミュニケーションはほぼ問題なく出来るようになります。英語で聞かれた質問に対して英語で考えるという癖もつき、英会話の能力がグンと伸びる頃です。同時に他生徒等と比較し、自分がそれより劣っているのでは・・と感じる時期かもしれません。
   
     3ヶ月~5ヶ月目
     英語だけの生活にも慣れ、少し複雑な内容の会話も徐々に可能となっています。
また、この頃に欧米やオーストラリアへの留学に移られる方も多くいます。フィリピンでのマンツーマン授業のおかげで、ネイティブの国に移ってからグループレッスン主体のレッスンになったときも積極的に話せるという大きなメリットがあります。
     6ヶ月~
 ビジネスの基本英会話がほぼ自然ににできるようになっています。一生懸命勉強した方は、ネイティブと会話してもなんら困らないレベルまでいかれています。
 
 ■TESTコースとESLコースの違いは?

◎TESTコースでは各試験の点数強化の勉強が主です。授業では、点数向上のテクニックや試験対策がを学習します。
例えば、TOEIC L/Rのコースを取った場合、ESLに比べてスピーキングの能力の上達は、ESLに比べてやや遅くなることが予想されます。
それはTOEIC L/Rにはスピーキングの項目が含まれていないためです。
ですが、TESTコースの生徒様がESLの授業を受講することは可能です。逆はできません。
ESLコースはスピーキング、リスニング、リーディング、ライティング、発音などを総合的に学びます。
■留学の目的は、日常会話や旅行会話の向上なのですが、
 ESLコースかSIコースになるのでしょうか?
 この2つはどう違うのでしょうか?(時間なのかレベルなのか?)
◎日常会話や旅行会話の向上ですと、SIコースになります。
 ESLとSIは、時間の違いのみです。
 ESLコースはマンツーマンが4時間、SIコースは5時間です。
 

■授業数を自分で増減する事はできますか?

 

◎減らすことは可能です。ただし返金はありません。

増やす場合は13,000円の追加料金で毎日1時間/4週間、追加して頂けます。

 

 

■途中でのコースの変更はできますか?

 

◎コースの変更は可能です。ただし、4週間前に申出が必要になります。コース変更希望の場合は出来るだけ早めにご相談下さるようお願いします。

 

 

■申し込みの最低期間を教えてください。

 

◎バギオ(ロンロン校・マーティンス校)は最低4週間からとなります。

 その先は2週間単位で期間を伸ばすことができます。

 

 クラーク校は、最低1週間からです。その先は1週間単位で申し込めます。

 

 

■TESTも一般的な勉強も両方したいのですが、その場合はどちらのコースを選べばいいでしょうか。

 

◎ESLやSIコースは、一般的な英語レベルアップの授業をおこないます。TESTコースは、TEST受験対策を中心におこないますが、一般的な授業も希望があれば対応が可能です。両方を兼ねて学びたい場合は、TESTコースをお選びください。

 

 

 

■ビジネスコミュニケーションコースの内容は?

 

基本的なカリキュラムはケーススタディ、プレゼンテーション、ビジネスライティング、ディベートとなっております。
このコースは応用力を学ぶカリキュラムのため、英語力がある程度お持ちの方が対象となります。事前にご相談ください。


ケーススタディはグループクラスで行われ、状況と想定しその状況でのやりとりを学んでいきます。

ビジネス上必要な基本的なトレーニングは、カリキュラムに含まれています。

授業は先生がプリントやソフトを使って授業を進めていき、授業の最後に課題を出すので、
それを各自でこなし、次の日は先生に添削してもらう。という流れになります。
               

■バギオの治安はどうですか?

◎バギオは、避暑地として発展してきた街です。そのために、別荘地が多く所得の高い方も多くすんでいます。タクシーも親切で安心してもれます。夏場は大統領や政府機関がバギオに移転してくるので、ある意味国家の中心都市ともいえます。大学も多く、高学歴の方の比率も高いといわれています。
 
  ■クラークの治安はどうですか?
◎クラークは、元アメリカ軍の基地があった場所です。そのために今でも政府の直轄地として管理されており、あまり一般のフィリピン人出入りしない特別な区域であり、24時間クラーク地域への出入り口には警備員が待機してチェックをしています。フィリピンの中ではバギオとともに非常に治安が安定しています。
     ■生徒の日本人の割合は?
 ◎日本人比率はキャンパスによって多少差はありますが、およそ10%~30%程度と、少数です。日本語に触れる機会が少ないために英語の学習をおこなうには良い環境だと言えます。ただし、日本人スタッフは各キャンパスに1名ずつ24時間学校に常駐しているので安心してください。

 

 

     ■留学している方はどのような人ですか?

 

  ◎おもに20代・30代の方が多いですが、10代~60代まで幅広い年齢層の方が留学されています。最低入学年齢は18歳以上となっています。男女比は5:5です。
   また、留学期間は全体では8~24週間程度の方が多いですが、就職活動をしながらという方は12週間から16週間という方が多いです。

 

      ■留学中は日本語は話せないのですか?
 ◎学校敷地内は原則英語以外の会話は禁止です。ただ、土曜日と日曜日は例外です。
  英語に集中して生活できる環境を作り出していますので、上達が早いのです。もちろん緊急の時は日本人スタッフに日本語でお話いただくことは問題ありません。

■週末などに泊まりがけの旅行は可能ですか?

 

◎これは4週間に1回、プログラムの最後の週末(3週間目の金曜~土曜)に許可されています。ただし、事前に申請が必要です。

 

 

■ プログラム終了後に、いつまで寮に滞在できますか?

 

◎ プログラムは、最終週の金曜日午後5時に終了します。

  寮には、翌々日(日曜日)の午後2時まで滞在ができます。

 

 

    ■海外に住んでいますが、直接現地に行くことはできますか?

 ◎大丈夫です。
  ただし、以下の3点の条件を満たす必要があります。(日本からも同様です)
  ①パスポートの有効期間がフィリピン入国時にフィリピン滞在日数+6ヶ月間以上必要です。
  ②フィリピンを出国する航空券を、フィリピン入国時に所持している事が必要です。
  (日本へ帰国する航空券か、他国行きの航空券)
  ③留学費用は、日本の銀行口座にご入金いただいておりますので、オンラインバンキングなどでおこなっていただく事になります。
■ 延長したい場合はどういう手続きが必要ですか?
◎ 延長の場合は、原則として終了の4週間前に、申し込みを行ったHELP日本人留学受付センター  宛にメール( chatani2010@gmail.com  )連絡をお願いします。
  延長費用についても、申し込み時と同じ日本の指定口座にお願いいたします。
 *なお、先生の空き状況によっては終了まで4週間を経過していても受付できる場合があります。
  一度申し込みを行った日本人留学受付センターまでご相談ください。
     ■祝祭日・年末年始について教えてください
 ◎フィリピンの祝日、年末年始は学校が休みになります。
  その為の休講に関しては、授業の振替、返金はありませんので御了承ください。
  年間の祝祭日については以下を参考にしてください。
 
(4週間で18日間の授業日数が保証されています)
 ■持ち物は何が必要ですか?
 ◎パスポート
パスポートは日本政府が、海外で身元を証明する国際身分証明書で出入国の際に必ず必要なものです。パスポートをお持ちでない方はご自身で申請していただく事になります。申請から受領までに、通常1週間程度(土・日・休日を除く)かかります。余裕を持って申請してください。なお、パスポートの残存期間は、入国時、6ヶ月+滞在日数以上必要です。既にパスポートをお持ちの方は有効期限をご確認ください。
     (ビザは、入国時は不要です。学校に到着後,職員が代行申請したします)
日本国籍の人はフィリピン入国のためにビザを事前に準備する必要はありません。パスポートと往復のチケットだけあれば入国できます。復路の航空券もしくは、第3国に出国する航空券を持っていないと入国審査が通らない事がありますのでご注意ください。日本人の場合、入国審査にパスすれば自動的に30日間の滞在許可がもらえます。30日の間にビザの延長手続きをする必要がありますが、その延長手続きは 学校で代行サービスを行っております。

       航空券 

     必ず帰国または第3国へ出国する航空券も入国時にチェックされますので、注意してください。     もし出国分の航空券を、もっていないと入国を拒否されます。

     ただ、厚生労働省からの推奨という形ではいくつかの
     予防接種を受けるように注意されています。
     厚生労働省検疫所の下記サイトを参考にしていただければと思います。

 

     http://www.forth.go.jp/destinations/country/philippines.html

 

     ◆(参考)事前に予防接種を受ける方と受けない方はいろいろですね。

         但し、(現地でまた説明はあると思いますが)生水を飲まないとか
         野良犬に近づかないなど、最低限の注意は必要ですね。

 

     ■お金の用意の仕方は?


◎日本円の現金
  学校職員が学校到着後にショッピングモール等の両替所まで案内させていただきます。
  そこで日本円からペソに両替をしていただきます。
     国際キャッシュカード・クレジットカード
新生銀行かCITY BANKの国際キャッシュカード。または、クレジットカードがあればショッピングモール等にあるほとんどのATMで現地通貨であるペソをキャッシングすることができます。
◎学校のプラグは日本と同じタイプです。
 電圧が220ボルトで、日本と異なる為、変圧器が必要になります。
 *パソコンやスマホなどの電子機器は220ボルト対応となっているのもが多いです。
 変圧器が必要なのはドライヤーなどモーターや電熱線を使った機器です。
 変圧器は現地でも日本よりも安価に購入できますが、すぐに壊れてしまう品もあります。
 日本から持参したほうがいいと思います。
 

       ■緊急の用事で一時帰国ということがあるかもしれません。それは可能でしょうか?もしくはそ    の理由で欠席した分の補講とかはあるのでしょうか?

 

    ◎途中での帰国は可能です。

     *学校に一時帰国の理由をスタッフにお申し出ください。ただし、お申込者側の理由による中断      につきましては、申し訳ありませんが補講は対応いたしかねます。その分は、延長申請(追加      受講)によっての対応ということになります。

    ■現地で延長したい場合はどうしたらいいでしょうか。
     ◎現地で延長することは可能です。
      延長の場合は、終了の4週間前での延長のお申込が必要になります。たとえば、2月27日入       学、12週間で5月18日終了の場合は、その4週間前4月20日までに延長のお申し出をすませて      頂くということになります。
    ■2,3人部屋だと男女が相部屋になることはあるのでしょうか?
     また、個室だとトイレやシャワーも完全個室ですか?
 
     ◎男女は完全に部屋は別々です。(フロアーが違います)
      個室の場合は、トイレシャワーも個室の方専用となります。
    
    日本人の場合は、教育上必ず日本人以外の方との相部屋となります。(個室以外)
 
■空港での迎えについて詳しく教えてください。
 ◎ニノイ・アキノ(マニラ国際)空港は3つのターミナルに分かれていて、それぞれ航空会社ごとになっています。ご予約の航空会社によって下記を参考にお願いします。なお、前日までにマニラに到着された場合も、空港でのピックアップになります。

 

《ピックアップターミナルと待ち合わせ時間》

*詳細は、お申込みいただいた方にお知らせしております。

 

【ターミナル 1】

  ● 日本航空

  • アシアナ航空
  • コリアン航空
  • キャセイパシフィック
  • ジェットスターアジアなど  22:00~00:30

 

【ターミナル 2】

  • フィリピン航空       23:30~00:00

 

【ターミナル 3】

  • セブパシフィック航空
  • 全日空           00:30~01:00

 

■事前に入国をしている場合は、ピックアップはどのようになりますか?
 ◎その場合も、空港までお越しいただくことになります。第2ターミナルが一番わかりやすいのですが、個別に、事前に場所と時間の打ち合わせをさせていただきます。
 
■指定の日に空港にいけないですが自分で学校まで行く行き方を教えてください。
こちらをご参考にお越しください。 空港から学校までピックアップを希望しない場合
 
 
■帰国便の予約をする場合、いつの便がいいのでしょうか。
◎授業の終了は金曜日の夜17:00です。土曜日の朝便でもまにあいます。
 
■終了後、空港までは自分で移動するのでしょうか。
◎はい。各自で次の目的地まで移動していただくことになります。
 
■バギオから空港までの行き方を教えてください。
 
◎下記のとおりとなります。
学校出発
⇓ (約15分)タクシー
バギオ バスターミナル
*マニラの(パサイ行が24時間1時間おきに出ています。)
日本の高速バスのような、リクライニングシートです。
⇓(約6時間~7時間)バス
マニラ(パサイ)バスターミナル
⇓ (30分~1時間)タクシー
ニノイアキノ空港
*タクシードライバーには空港のターミナル番号をはっきり告げてください。
(飛行機出発の2時間前までに、余裕をもって到着をお願いします)
なお、交通事情が変更になる場合もございます。
詳細は事前に学校の日本人スタッフに確認してください。
 
■学校が終了して空港に行くまでどのくらいの時間を見ておけばいいでしょうか。
◎学校は最終の金曜日午後5時ごろには終了します。そのあとバスやタクシーで
マニラまで移動するの6:00頃の早朝便でも搭乗は可能です。
交通事情にもよりますので、現地で事前に日本人スタッフにご相談ください。
 
 
■「部屋にコンセントはいくつくらいありますでしょうか?」
◎共有スペースに4口、部屋に2口〜4口ですが、部屋によって異なるため、およそということでご理解下さい。


■「石鹸、シャンプー、リンス、バスタオル的なもの、ハンガー、の中で寮にある物はありますか?」
◎消耗品は生徒様ご自身で用意して頂くことになります。
ハンガーは学校では用意しておりませんが、過去の生徒様の残していった物が部屋にあると思います。ただし、これは学校側で保証しているものではありません。
 

■「洗濯サービスはあるようですが、自分で洗濯した場合干す所というのはありますか」
共有スペースに紐がかけてあり、洗濯物を干すことが可能です。
 

■「現地納入費等をペソで払うと思うのですが、いつどこで両替すれば良いのでしょうか?」
両替は日曜日のオリエンテーション後に、SMというデパートに行って行ないます。この時、必要な物の買い出しも行ないます。


■「トレーニングルームやジムなどは無料で使えますか?また、余裕があれば平日もランニングを学校周辺でしたいのですが、平日外出禁止ということですがそれは可能でしょうか?また、治安的にもできますでしょうか?」
トレーニングルームは無料でご使用頂けます。。
屋外でのランニングは、学校のあるブレントウッドビレッジ内は可能ですが、広くはないので、100メートル位の距離を何度も往復して頂くことになります。ビッレッジ外への外出は基本的に禁止です。
また、バギオは治安が他の都市よりも良いですが、やはり日本と同等ではありません。学校では、ビレッジ外へのランニングを禁止することはできませんが、トラブルが発生した場合、一切責任を負うことはできません。
学校はフィリピンでは高級設備です。ただ、やはり日本の設備やサービスと比べると劣ります。学校では、最低限生徒様が快適に生活して頂けるように努力させて頂きますが、設備、サービスなどは、日本のような先進的な場所ではない国へ留学するということをご理解頂きますよう、お願い致します。治安的には日本と同じとはいえませんが、フィリピンの中では良い地域です。
 
 
■「2人部屋のシャワーとトイレは共有ですか?」
部屋の状況ですが、1つのユニット(2部屋+バスルーム)という形になります。ですので、
部屋によっては、4人でこのユニットを使用することになります。1部屋に2人、
バスルームは4人で共同という意味です。
もしくは1つのユニットで、1部屋(大)に2人、もう一部屋(小)に1名ということもありえます。

■「机や椅子など自主する家具は2つずつありますでしょうか?」
2名の部屋には、ベッドや机は各2つずつというように、人数に合わせて、家具も設置されています。