HELPの特徴


 HELP英語学校はバギオで唯一学校内でTOEICスピーキング&ライティングの公式テストを受験することが可能な学校です。規模的にもバギオに2つ、クラークに1つの計3つの校舎がある大型の英語専門の学校です。


 テスト対策も万全。マーティンス校(バギオ)では、TOEICだけでなく、G-TELP TOEFL、IELTSにも対応しています。

 

また、マニラから車で2時間ほどのクラーク校(クラーク)は1週間から入学が可能です。

初級から上級まで対応でき、非常に自由度の高い学校となっています。

 

 規模は大きな学校ですが、システム化された学生管理により、学生の一人ひとりまで目が行き届く仕組みを作っています。各グループごとに先生以外にも、カウンセラーやヘルプスタッフがつき、学習面、生活面でサポートします。

 教室は学生の英語レベルごとにフロアーが分けられており、同じレベルの学生同士が集まる事で勉強意識を高めることが出来ます。

  マンツーマン中心ですが、グループ授業も同じレベルの生徒が少人数(最高人数4名)で構成されるため、グループ授業でありがちな「発言出来なかった…」ということがありません。

 学校中にクリニックもあり看護師も常駐しています。。初期の風邪などには学校内で対応が可能。判断が難しい場合には市内の病院やクリニックへ学校の日本人スタッフとともに看護師が付き添ってくれるため、海外の病院が初めての方でも安心です。歯科医も週2回、学校に出張検診に来ます。

 

 自習時間は、自習室だけでなく教室も開放し、学生が集中して勉強ができる環境を提供します。

日数保証制度(4週18日間)があり、授業日数が18日間を下回る場合は補講が行われます。


 また、ユニークな「母国語罰金制度」があり、24時間英語で話すことになっています。ただし、土曜日は母国語でも大丈夫です。日曜日は午後6時までは母国語使用可、それ以降は英語使用になります。罰金は250ペソ(約500円)で、週末の懇親会などの費用として使われています。

 


個人に合わせた内容の濃い授業を実施


語学習得の早道は、学習の中身は当然ですが、その量も重要と考えます。その点、マンツーマン授業は、語学学習としては最適なスタイルなのです。

 私たちは、マンツーマンでの授業を重視し、HELP独自のノウハウと質の高い講師による、単に時間を長く行う詰め込み式ではなく、中身の濃い楽しいトレーニングを実施しています。

 

HELPの教師からのメッセージ動画をご覧ください!


優秀な教師陣と、英語学習に集中でき環境る環境



在籍している先生は、全員が大学卒の正社員です。さらに、指導教育のレベルを上げる訓練を定期的に受けているので、授業の質が高いのが特徴です。

また、フィリピンは、日本と同じくアメリカ英語です。植民地時代が長く、非常に発音がきれいな国といわれています。



本気で英語を学びたい生徒が集まってます



HELPでは、マンツーマンレッスンを中心に学べます。学内は英語以外での会話は使用禁止ですから、毎日が英語漬け。上達も早く、効率よく学習できます。生徒はみんな本気で学びたい人たちばかりですから、まわりの刺激を受けながら勉強に集中できます。


一人ひとりに合わせてオーダーメイドで組まれるカリキュラム



それぞれの学生のレベル・目的・希望にあわせた授業を行います。

また同時に、その人にもっとも効果的な勉強方法を身に付けさせます。

教科書はHELP独自のノウハウによって作成したものを使用し、1週間で1冊を終了します。

テスト対策は、バギオの英語学校の中で最高の教師により最高のレベルを誇ります。

4週間に1度、生徒ごとに進捗状況を確認し、授業スケジュール(教師)の改定が行われます。

卒業にあたり、総仕上げであるレベルテストを全員に実施しています。

*プログラム最終に実施されします。


HELPは公式テスト会場に選定されています



HELPは、TOEIC(S&W)の公式テスト会場になっています。そのため、特にTOEICやIELTSなどのテスト勉強を強化しています。実践に強い英語力が付く授業カリキュラムとなっています。


安心して学べる『研修保障制度』を適用しています



HELP英語学校では、安心して学んでいただけるように「研修保証制度」を取り入れております。

これは当校が加盟するバギオ英語学校協会(BESA)によるプログラムで、万が一学校が事情により閉鎖されたときに、協会のほかの学校が在学生の残りの期間を受け入れるという制度です。

 

「研修保証制度」のためにBESAの会員学校は、そのための基金を毎月協会に積み立てておりますので、生徒の金銭的な負担は一切発生しません。

 


バギオはフィリピン最大の学園都市です



バギオシティーはフィリピン大学をはじめ、5つの大学、20の専門学校が密集するフィリピン唯一の学園都市でもあります。そのために、優秀な英語教師を豊富に集めることが可能なのです。


自然あふれる静かな環境


マニラから北へ250キロ、高度1500メートル、年間平均気温20度。冬は15度以上、夏でも25度程度までしか上がらず、古くから避暑地として発展してきました。街にも遊興的な施設はほとんど無く、人々は親切で治安も良好です。まさに勉強するには最高の環境です。